屋久島の遊漁船、明日丸のページです。

ポイント開拓漁

K様からの要望。
「硫黄島で温泉に入りたい。途中で釣りもしたい!」

一度も行ったことのないエリアなので迷ったが、
引き受けることにした。

ならば事前に行けばいいじゃないか!
ポイントを増やすいいチャンス。
1re18296


ポイント調査1回目
    2013.8.2~

ポイント調査と言えどせめて経費分の魚は釣って帰りたい。
しかしかなり厳しく、ムロでもジグでもサメやツムブリなど売れない魚ばかり。

浅場で高級根魚を狙ってインチクしたらズドン!
絶対獲る!燃料代の足しだ!気合を入れてゴリ巻き。
2re18295.jpg
まさかのGT。経費にならず...
GTの居場所がわかっただけでよしとしよう。

他にはジグで4~5kgのマダイ2本、小さな根魚数本

以上。

惨敗。
ポイントが見つからない上に大赤字....

GPSに打ち込んだ地形と魚の反応。
これがいつか役に立つはず!と前向きにいくしかない。
開拓はリスクも大きい。



2回目はK様来島直前    2013.8.23~

前回にまだ攻めていなかったエリアに。
早速カンパチポイントを見つけるもほとんどが2kg以下でリリース。
3kgを数本キープして大きくエリア変更。

海図見ながら走り回って反応を探す。
しかし、バイトすら無し。

また赤字か?.....

離島に入港して一泊。
屋久島の友達に紹介してもらった漁師Tさんの家でご飯をご馳走になり、
周辺の情報を色々と教えていただいた。
ありがとうございました!

翌日。
ムロの反応を見つけてムロ確保。

すると船の周りでキハダのボイル!
ポッパー投げると食ったのは7kg弱のキハダ

いくつか良さそうな反応を見つけるが、ジグでは反応なし。
そこでムロをぶら下げるとすぐにズドン。
3re18291.jpg
4re18292.jpg
5re18293.jpg
離島で出会った魚研究中のK君。
泳がせ初体験で人生最大魚!
激安の魚だが(笑)彼の記憶に残る魚となったので価値のある1匹。
良しとしよう。
さらに自分が10kg弱のカンパチも追加。

食わなくなったので、K君を洋上ですれ違ったTさんの船に降ろし、
前日の小型ポイントへ大移動。
ムロぶら下げてデカいのがいるのか調査。

ムロは暴れるがなかなか食わない。
やっと食ったのは4kgカンパチ
やはりここは小型しかいないようだ。

ならばジグで!
入れ食いだがほとんど2kg前後でリリース。
やっと3kgクラスを1本キープ

気づくとあたりは暗い。
なんとか油代くらいは釣れたがちょっと寂しい。
最後にクエでも釣れてくれないかなぁ...
時間帯もいいし。

なんて思ったら本当に根魚が食った!

ドラグ出ても関係ねぇ!ひたすらゴリ巻き。
魚が見えてきた。茶色い!本当にクエかも!!!

エアーが入って螺旋を描きながら浮いてくる。
が、そのまま船底に入り込んで引っかかってしまった。

ヘタクソ!

そしてこともあろうかそこでラインブレイク...
あたりを見回すが浮いてくる気配がないので、
舵かペラに引っかかったまま?

俺のクエ。逃がしてなるものか!
エンジン切ってマスクつけて海へザブン!
しかし、船底には何もいない...

もう一度あたりを見回すと....

30m先で浮いているのを発見!!

全速で泳いで無事確保!

が、残念なことにクエじゃなかった(泣)
正体はオオスジハタ。
6re18294.jpg
クエよりはかなり安いが高級魚に変わりない。
良しとしよう。

おっ?魚体に巨魚の歯型がある!
そういえば大きさの割に力が強く感じた。
すかさずムロ投入!

しかし、そううまくはいかない。

海の神様は頑張った者には褒美をくれるが、
欲張った者には褒美をくれないんだな。

そんなことを考えながら港へ向かう。
re718289.jpg
今回の水揚げ。

周りは他の漁師が釣った高級魚ハマダイがズラリ。
自分の魚は安いのが多く、駐車場で高級外車の中にポツンとある軽トラのよう(笑)


そして....K様は台風と共に屋久島へ上陸。
2泊3日の予定だったが、最終日に海に出られればラッキーという状態
この開拓は無駄だったのか?

いや、いつか必ず役に立つ。
今はそんなことを繰り返し、頑張って行きます!
2013-08-31 : 漁・開拓日誌 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

カウンター