屋久島の遊漁船、明日丸のページです。

2016.05.28 近海まだ復活ならず。絶不調.....

2016.05.28

島のジガーご一行様で近海ジギングです。
前回、温かい速い潮が入ってきて魚の活性があがったエリアへ。

現場に着くと水温がやや下がり、潮が動いていない。
いやな予感....


さっぱり食わない...


潮向きから考えると潮が動くのは夕方のはず。
前回の釣れ方からして魚はいそうだ。
潮さえ動けば食うはず、午後にまた戻ってこよう。

しばらく潮が動きそうにないので、根魚もいるエリアへやや長い移動。
ここはしばらく絶不調なエリアだが、その時より少し水温が上がっているのでやってみる価値はある。


が、激渋(大汗)
2-3㎏カンパチ2本とブレイク一回のみ。

根を丹念に攻めていくも、かなり渋く状況は変わっていないようだ。
早めに切り上げて、また朝のエリアへ。
こっちは魚はいる。

粘ればどっかで食うはず!

が、全く食わない。
一向に潮が動く気配がない。

最近触っていなかった水深200mオーバーやってみたり、
浅場~深場、ありとあらゆる可能性を考えて丹念にランガンしていくが、
魚からの反応が全くない....

潮が動くだろうと思った時間まで粘るが、
結局潮が動かず(大汗)

仕方なく、今回唯一食った場所に戻り、
真っ暗になるまでやって
小カンパチとオオモンハタ追加、2ブレイクで終了。

またもや闇に葬り去りたい(泣)貧果となってしまいました。
本当にすみません....
今回はカメラ忘れで写真なし。
どっちにしろ必死だったので写真撮る余裕もありませんでしたが..

結果:カンパチ3本(1.5-3.5㎏)、オオモンハタ

今回は皆さんハイピッチでやられていたので、
フォール主体の釣りを組み立てる方がいらっしゃれば、
もう少しだけ魚とコンタクトできた可能性はないとは言えませんが、
それにしても渋すぎる...

前回復活したかと思った近海ですが、
まだ渋い状況は続いています。

近海ジギングはしばらくは様子みた方がいいと思います。


一体この食いの悪さはなんなのか?

1つ気になるのが、ボトムから20-30mまでにあるプランクトンのような反応
時々魚探に写るのだが、
近海が食わなくなってから頻繁に見かけるようになった。

暖かい速い潮が一時的に接岸したが、また去ってしまった。
恐らく接岸したときにはボトムまで同じ潮で一時的に活性があがったが、
それが去ったことにより、近海に残っていた冷たい水塊が
ボトムにまた入りだしたのではないか?

この潮が食わない原因は水温だけではないと思う。
というのも、実際に16度代の低水温でもカンパチは十分食うからだ。
(5月の最低水温は21℃台)
プランクトンのような反応が広範囲に見えるということは、
ボトムにあるのはかなり濁った潮であることが推測される。
例えば溶存酸素が極端に低いとか、赤潮のような致命的な潮なんじゃないか?

今月に入って「冷たい濁った潮が来ていて魚が全くいない!」
という屋久島のダイバーの情報も耳にした。

あまりに食わないのでいろいろと考えてしまう...
原因がわかれば対策が見つかるかもしれないし。

一時的に不調になることはあっても、こんなに不調が長く続くことは開業以来初めて。
この不調を打破する引き出しを見つけてやる!
頑張ります!
2016-06-01 : 釣果ブログ :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

カウンター