屋久島の遊漁船、明日丸のページです。

2015.06.09- スランプ脱出!

2015.06.09

サメ被害が多いポイントへ。
もし漁にならないくらいサメが多いなら、サメ退治に切り替えるつもりで。

1流し目からヒット!
イカが落ち着いてから身切れ上等でゴリ早巻!
酸欠寸前まで必死で巻いて何とか無事ランディング。

同じ方法で5-6枚キャッチ。
しかしこの方法ではやはり身切れバラシも多く3-4枚はバラした(泣)

あまりにもサメにやられないので、ひょっとしてサメいない?

試しにいつものように丁寧にやり取りすると...

ガブり(怒)

夕方~夜もサメにやられながらも、少しずつ上がってこの日は
やっとスランプ脱出です!


結果:アオリイカ11枚(2.3-3.0kg7枚、1.5kg弱3枚)、コウイカ1.4kg



2015.06.10


朝から餌釣り、そのままサメのいないとポイントをチェック。

1流し目からヒット!
おっ!いいかも?

それから昼過ぎまでいいペースで釣れ続いた。

屋久島のイカポイントは水深が深く、ティップランだと攻めにくいことが多い。
潮と風の条件が合った時、船を立てながらやってみるとこれが大ハマリ♪
今回釣ったイカの半数はティップランでした。

ティップラン、面白いです!
食わせの間を作っている時も常にテンションかかっているので、
まずはイカパンチのドンという魚のようなあたり、
その後にギュイーンと持っていきます。

しかしラインが水深より多く出ているので、
船が多い時には迷惑になるし、
サメ対策でできるだけ早くランディングしたい時には使えないなど、
できる時は限られますが….

今シーズンで最高の大漁でしたが、課題も残りました。
朝からこのポイントは自分1隻でしたが、昼過ぎから船が増え、
その頃から夜まで自分も含め皆さっぱりでした。
しかし、一人だけその状況で釣り続けるベテラン漁師がいました。

何が違うのか、未だに良くわかりません….
まだまだやるべき事はたくさんありそうです。

さらに精進、頑張ります!
忙しくて写真なし。

結果:アオリイカ19枚(2-3kg14枚、1-1.5kg5枚)


2015.06.12

用事を済ませてから昼過ぎ出勤。
前回大漁したポイントに行くとすでに4-5隻。
しかもあまり釣れていないとのこと。
何とか1枚だけ釣って一か八かサメだらけポイントへ。

船は自分以外1隻だけ。
1流し目からヒット。
身切れ上等ゴリ早巻き!

ガブり….

さらにサメが賢くなっているようで、
いくらゴリ巻しても片っ端から盗られていく(怒)
結局、運良く上がってきたのが3枚、
メインから外れた場所で2枚。
resize0006.jpg

釣れたイカと盗られた数がほぼ同じ(泣)
イカはたくさんいるのに….
ヤエンで乾電池でも送り込こむか。
対策考えます!

結果:アオリイカ6枚 (2-3kg4枚、1-1.5kg2枚)

しばらく休暇頂きます。
2015-06-16 : 漁・開拓日誌 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

カウンター