屋久島の遊漁船、明日丸のページです。

2015.01.16 うまい!

2015.01.16

シマアジ!

相変わらず渋い。
ナンヨカイワリはいくらでも釣れる。
なんと二人で40枚!

シマアジは専属助っ人エビ君が3枚!
しかもジグでスジアラまで!

自分は.......
外道のみ(大泣)

しかし、同じ船に乗っていながら釣果に差が出ると、
仕掛けや、道具、釣り方など比較できるので、
かなり勉強にはなります。
今回はコマセとつけ餌の同調がポイントだった気がします。
シマアジ勉強もっと頑張らな!

結果:シマアジ3枚(1.4~2.0kg)、スジアラ3.1kg
   ナンヨウカイワリ40枚
   ヒラニザ3枚、ニザダイ、ニザダイSP、メイチダイ、
   イトヒキアジ、クサヤモロ10匹くらい

DSCN2593s5.jpg
ナンヨウカイワリクーラー栽培

DSCN2595s5.jpg
DSCN2591s5.jpg
このニザダイの仲間、屋久島で時々釣れるんですが、
標準和名わかりません。知ってる方教えてください!

→クロハギ老成魚であることが判明。Gen君ありがとう!

****************************************

シマアジは高級すぎる上に大漁したことが無いので、
自分で食べたことがなかった。

今回は自分では釣りきれなった魚、
エビ君へのお礼も含めてエビ家族と1匹食べました!

うまい魚はその味をマックスで楽しみたいので、
プロの料理人に捌きをお願いしました。
IMG_0003s5.jpg
養殖のシマアジのイメージがあったので、
思ったより脂は少な目でさっぱりとしていた。
しかし、それが程よく、上品な身の甘さと旨みが後を引いて箸が止まらない。
3皿の刺身があっという間に無くなった。

うん、毎年一枚は必ず食べることにしよう!
2015-01-19 : 漁・開拓日誌 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

カウンター