屋久島の遊漁船、明日丸のページです。

2017.04.04 アオリイカやっと始まったか?

世話になった祖母が亡くなり、先日まで帰省しておりました。
今日は一週間ぶりの海。
凪は一日なので近海アオリイカ漁。
そろそろ生き餌も使ってみるかと気合入れて餌釣りから。
が潮動かずで低水温、全然釣れず....
1時間でたった3匹、しかも2匹死んで結局1匹(泣)
イカは潮が動いた時だけパラパラ、計11枚。
4.3㎏、4.7㎏以外は1.5~2㎏ちょいと小ぶり。
今年はこのパターンが多い、なぜか3㎏代が少ない。
最もデカそうなやつは、やとり取りに時間かけてたらサメに盗られた(泣)
昨年はイカ釣りにあまり行かず5㎏超の顔見れなかったんで、
今年は5㎏、いや、6㎏釣るぞ!
sDSCN1678.jpg
2017-04-06 : 漁・開拓日誌 :
Pagetop

貴重な凪でしたが.....

Aさんご家族で体験ジギング。
奇跡的に長い時化と時化の合間の一日の凪!

ジギングはもちろん、漁船で外洋に出るのは初めてとのことで浅場へ。

が、到着した時には皆様かなりの船酔い。

とりあえず一番元気なお父さんと自分で開始。
一流し目、自分に3㎏カンパチヒット。
次の流しはノーヒット。

ここでセコンドからタオルが投げ込まれ、
港へ向けました(泣)

移動往復で1時間以上、釣り20分でした。
また船に慣れたらリベンジしましょう!
お疲れさまでした!

結果(20分):カンパチ3㎏1本

この後、貴重な凪なのでイカ釣りへ!
が、流れ藻だらけ、サメだらけ、風も吹いてきて、
スクリューに藻が巻いて戦意喪失、自分もも早々のギブアップ。

貴重な凪はパッとしない一日となりました....
またしばらくシケです。
2017-04-09 : 釣果ブログ :
Pagetop

近海激渋継続中

島のアングラーで半日ジギングです。
sDSCN1682.jpg
二流し目に5㎏カツオ。
島回りでこのサイズは珍しいです。

しかしまだ流れ藻多い水温低い潮で超低活性。

浅場の反応は良く、超小型だけ狙えば数は釣れそうですが、
限られた時間で小型に時間を使うのももったいないので、
お土産確保してから良型狙いで深場へ。

が、深場は反応ベタ底でジグに全く反応せず。
最後に浅場でフエダイ釣ってタイムアップ。
sDSCN1683.jpg

近海はどこに行っても低活性、しばらく様子見た方が良さそうです。
またリベンジさせてください!
sDSCN1687.jpg

結果(半日4人):カンパチ6本(~2㎏泣)、カツオ5㎏、オオヒメ、イッテンフエダイ
2017-04-14 : 釣果ブログ :
Pagetop

久しぶりのトカラ

久しぶりのトカラガイド!
1日目は15時屋久島出港で口之島に向かう途中に3カ所。
最後のポイントでバタバタっと食ったけどすべてブレイク&シャークバイト(泣)

2日目はホンカンパチ産卵集結ポイント目指してへ奥地へ行くつもりだったが、
ぶっ飛び潮と流れ藻の多さに断念(泣)
釣りやすい潮目探して南下、反応も潮も申し分ないけど何故か渋い....
走り回って最後でやっと少し食ったけど、またもやブレイク&シャークバイトで良型見れず...

3日目は二枚潮きついタフコンディション、
それでも反応は良く、3~5㎏はポツポツと釣れました。

そしてクライマックスは昼頃。
やっとデカイの食う時合、4-5人の竿がズドン!
が、獲れたのは7-8㎏の一本のみ。(泣)
残念...
サメにもやられ10㎏オーバーのヘッドのみもあり。

またリベンジさせてください!

結果(6人2日+2時間)
カンパチ25本前後(2.5~8㎏)、イソマグロ14㎏前後、カツオ、スマ、アカハタ、ツムブリ、クロタチカマス5本、アカヤガラ5㎏

sDSCN1702.jpgsDSCN1697.jpgsDSCN1698.jpgsDSCN1699.jpgsDSCN1700.jpgsDSCN1707.jpgsDSCN1703.jpgsDSCN1704.jpgsDSCN1705.jpgsDSCN1706.jpgsDSCN1710.jpgsDSCN1708.jpgsDSCN1709.jpg
2017-04-18 : 釣果ブログ :
Pagetop

トカラぶっ飛び潮(泣)

ちょっと前の釣行ですが、Shinさんとぽぽこさんでトカラ行ってきました。


初日は風強く、弱くなる午後を狙って10時過ぎの出港。
しかしまだ波は高く、大時化の中、時間をかけて午後に現場着。

まずはジギングから始めるも、潮が3ノット弱のぶっ飛び潮で早々にあきらめ。
キャスティングに切り替えるが、風潮で4ノット近くで流れGTも厳しい。

キハダ、大型スマ、オキザワラなどは活性高く反応良かったです。
sDSCN1719.jpgsDSCN1721.jpgsDSCN1724.jpgsDSCN1725.jpgsDSCN1727.jpg

2日目はジギング、釣りやすい潮を求めて南下。
が、最初のポイントはとんでもない潮...
PE3号に850gでも底が取れるの2回まで(汗)
反応もほぼなし。

走り回って潮の緩いエリア探すが、どこも同じ..

なんとか反応が少しあるエリアに辿り着くが、
今度は底潮がほとんど動かず、上潮だけがぶっ飛ぶ激しい二枚潮。
風はほぼないのに、船を前進し続けないとラインが立たない。
sDSCN1728.jpgsDSCN1729.jpg
何とか1本顔を見たが後が続かず。

それから間もなく、上潮が緩んだ30分だけ食いが立つ。
二人ヒットはどちらもブレイク、残念!
次はバイトのみで乗らず、ポイント変えて一流し目にドン!
本人曰く、今までかけた中での最大サイズ!
10㎏ドラグをズルズル引き出し、竿先に首降りが伝わる!
なんとか動きが止まったのでチャンスあるぞ!と思った瞬間に
無念の根ズレブレイク(泣)

これを最後にまた潮が悪くなり、バイトすらなし。
大きくエリアを変更するも反応もない。
東西南北走り回ってどこもダメ、八方ふさがり...

仕方なく最近渋い近海へ!
が、やはりこ近海は潮が全く行かず反応皆無。
sDSCN1733.jpgsDSCN1730.jpgsDSCN1734.jpg
こんな潮でも食ってくれるのはマハタ。旨そうなエビを吐き出しました。

こちらも後が続かず残念ながら帰港。

結果:キハダ3本(5~12㎏)、カマスサワラ10㎏、スマ2本(5㎏、9㎏)、カンパチ3㎏、アオチビキ5㎏、マハタ4㎏、エビスダイ


お二人は何度も来てくださっていますが、今回が今までで最低の釣果となってしまいました。
潮汐のタイミングとエリアを変えればなんとか食うところに辿り着くことも多いのですが、
今回はどうにもできませんでした。
すみません。

このぶっ飛び二枚潮はトカラの怖さですが、この潮があるからこそトカラには魚が入ってくるとも言えます。
またリベンジさせて下さい!
2017-04-27 : 釣果ブログ :
Pagetop
ホーム

カウンター