屋久島の遊漁船、明日丸のページです。

2016.05.28 近海まだ復活ならず。絶不調.....

2016.05.28

島のジガーご一行様で近海ジギングです。
前回、温かい速い潮が入ってきて魚の活性があがったエリアへ。

現場に着くと水温がやや下がり、潮が動いていない。
いやな予感....


さっぱり食わない...


潮向きから考えると潮が動くのは夕方のはず。
前回の釣れ方からして魚はいそうだ。
潮さえ動けば食うはず、午後にまた戻ってこよう。

しばらく潮が動きそうにないので、根魚もいるエリアへやや長い移動。
ここはしばらく絶不調なエリアだが、その時より少し水温が上がっているのでやってみる価値はある。


が、激渋(大汗)
2-3㎏カンパチ2本とブレイク一回のみ。

根を丹念に攻めていくも、かなり渋く状況は変わっていないようだ。
早めに切り上げて、また朝のエリアへ。
こっちは魚はいる。

粘ればどっかで食うはず!

が、全く食わない。
一向に潮が動く気配がない。

最近触っていなかった水深200mオーバーやってみたり、
浅場~深場、ありとあらゆる可能性を考えて丹念にランガンしていくが、
魚からの反応が全くない....

潮が動くだろうと思った時間まで粘るが、
結局潮が動かず(大汗)

仕方なく、今回唯一食った場所に戻り、
真っ暗になるまでやって
小カンパチとオオモンハタ追加、2ブレイクで終了。

またもや闇に葬り去りたい(泣)貧果となってしまいました。
本当にすみません....
今回はカメラ忘れで写真なし。
どっちにしろ必死だったので写真撮る余裕もありませんでしたが..

結果:カンパチ3本(1.5-3.5㎏)、オオモンハタ

今回は皆さんハイピッチでやられていたので、
フォール主体の釣りを組み立てる方がいらっしゃれば、
もう少しだけ魚とコンタクトできた可能性はないとは言えませんが、
それにしても渋すぎる...

前回復活したかと思った近海ですが、
まだ渋い状況は続いています。

近海ジギングはしばらくは様子みた方がいいと思います。


一体この食いの悪さはなんなのか?

1つ気になるのが、ボトムから20-30mまでにあるプランクトンのような反応
時々魚探に写るのだが、
近海が食わなくなってから頻繁に見かけるようになった。

暖かい速い潮が一時的に接岸したが、また去ってしまった。
恐らく接岸したときにはボトムまで同じ潮で一時的に活性があがったが、
それが去ったことにより、近海に残っていた冷たい水塊が
ボトムにまた入りだしたのではないか?

この潮が食わない原因は水温だけではないと思う。
というのも、実際に16度代の低水温でもカンパチは十分食うからだ。
(5月の最低水温は21℃台)
プランクトンのような反応が広範囲に見えるということは、
ボトムにあるのはかなり濁った潮であることが推測される。
例えば溶存酸素が極端に低いとか、赤潮のような致命的な潮なんじゃないか?

今月に入って「冷たい濁った潮が来ていて魚が全くいない!」
という屋久島のダイバーの情報も耳にした。

あまりに食わないのでいろいろと考えてしまう...
原因がわかれば対策が見つかるかもしれないし。

一時的に不調になることはあっても、こんなに不調が長く続くことは開業以来初めて。
この不調を打破する引き出しを見つけてやる!
頑張ります!
2016-06-01 : 釣果ブログ :
Pagetop

2016.06.01 いい潮見つからず!

最近は他の漁師が海に出ているときに陸仕事、
皆が時化で休んでいるときにガイドで海出るというパターンばかり。

今回もガイドの合間のべた凪に船整備。

前進後進やりすぎて一年持たずに切れたエンジンリモコンワイヤーを交換、
大風の中走って吹っ飛んだ溶接を何か所かし直してもらった。

そして念願のマイクを取り付けしました!
sDSCN4893.jpg
sDSCN4892.jpg
これで情報が皆様に伝えれやすくなったし、
自分の喉も壊さなくてすむ♪


船整備が終わったので、
明日からのガイドに備えて近海不調を打破するための海調査へ。

黒潮がぶち当たって悪い潮を吹き飛ばしてくれているエリアがないか探しに。
まだ足を踏み入れたことがない海域へ。

が、状況は変わらず。
どこまで行っても潮全く行かず、
しょぼーい反応にジグを何度か入れたが触らず。

早々に諦めて撤収。
sDSCN4896.jpg
久しぶりに船に積まれた道具たちはほぼ使われぬまま、
また家に連れていかれた.....

ガイド落ち着いたらずーっと探ってみたかった曽根へ遠征開拓予定です。
2016-06-02 : 漁・開拓日誌 :
Pagetop

2016.06.02-05  トカラ潮動かず

サンスイ榎本さんご一行です!

2016.06.02

飛行機で到着後、昼前に出港。
最近激渋近海でしたが潮が動いている間だけ、
ポツポツといろんな魚が相手してくれました。
sDSCN4902.jpg
高級魚♪

よっしゃ!カンパチ15㎏越だ!と思ったら、
sDSCN4903.jpg
GTの25㎏オーバーでした!
浅場の難所でお見事でした!
sDSCN4905.jpg
カンパチも
sDSCN4906.jpg

結果:カンパチ3本(2-4㎏)、GT26-7㎏、スジアラ、アオチビキ、ハガツオ
sDSCN4897.jpg
sDSCN4899.jpg

2016.06.03

この日が一番の凪の日。
1人合流予定なので、まずは近海。
ポツポツ小型が食って2-4㎏カンパチが6本。

9時過ぎに入港してTamoさんと合流、
10時出港でトカラへ。
翌日は時化なので日帰り弾丸釣行!

が、潮が緩く活性上がらず。
良型根魚らしきヒットもあったが残念ながらブレーク。
sDSCN4907.jpgsDSCN4908.jpgsDSCN4909.jpgsDSCN4911.jpgsDSCN4913.jpgsDSCN4914.jpgsDSCN4915.jpgsDSCN4916.jpg
最後のポイントだけ潮が行きプチフィーバーもあったが、
大型は出ず。
カンパチ3-9㎏が10数本でした。
sDSCN4917.jpg
2日分の釣果

まだ大型ホンカンパチの気配なしです。


2016.06.04

大風中止

2016.06.05

飛行機までの半日近海勝負。

が、徐々に潮が速くなり、気づけば4ノット!!
しかも水温低い。

カンパチ全く口使わず..

やってしまいましたノーカンパチ。

今年最速の低温潮で今年最低の釣果となってしまいました。
本当にすみません....

やはり近海は海況も活性もかなり不安定な状態が続いています。
sDSCN4918.jpg
sDSCN4919.jpg
最近、屋久島近海に巻き網船団が集結。
多い日で5船団見ました。
潮以外にも巻き網プレッシャーもある気がします。


次回は天候に恵まれて、じっくりとデカンパチ狙えることを祈ります。
またリベンジさせてください!
2016-06-13 : 釣果ブログ :
Pagetop

2016.06.06-10 大型カンパチ入って来ました!

Takuさんご夫妻でトカラジギングです。
梅雨時期ですので半分も出船できれば万歳と思っていましたが
ラッキーなことに季節外れの凪続き、5日間出船できました!


2016.06.06

5時出港でトカラへ!
sDSCN4923.jpg
好調だった大場所は全く食わず、
いつもは潮が悪いエリアで珍しく釣りやすい潮。
sDSCN4924.jpgsDSCN4925.jpgsDSCN4926.jpgsDSCN4928.jpgsDSCN4929.jpgsDSCN4930.jpgsDSCN4931.jpg
8㎏前後までのカンパチが遊んでくれました。

sDSCN4934.jpg
夫婦でヒットでしたが(笑)
こんな感じでこの日はNagiさんの引きの強さが目立ちます。

そしてさらに...
sDSCN4936.jpg
Takuさんが7-8㎏ヒレナガカンパチ、
そしてNagiさんに大物が!
sDSCN4938.jpg
サメ?


1時間ほどのファイトで上がってきた。
魚見て皆大興奮!
sDSCN4941.jpg
sDSCN4945.jpg
カンパチ38㎏!!

女性アングラー明日丸記録!

どころか、フックが4本なければ女性日本記録でした。

Nagiさんすごい!
もちろん、ファイトは始終ご自分でやりましたし、
ラインシステム、アシストフック、すべてをご自分でなさったとのこと。
食わせるのは運もあったかもしれませんが、実力がなければ獲れなかった魚。
素晴らしい!!

結果:カンパチ15本前後(38㎏、6-10㎏前後5-6本、他3-5㎏)、ハマダイ、ハチビキなど


2016.06.07


朝一のポイントで
sDSCN4947.jpg
sDSCN4948.jpg
カンパチ16㎏
いいサイズ!ですが、
昨日のインパクトがありすぎました....

次のポイントでは、
sDSCN4952.jpg
マハタ12㎏
食わせてから巻き続け頭を向かせないファイト。
さすがです!

しばらく凪の予報、あそこに行けばホンカンパの大型交じりの群れがいるかもしれない!
と予想し、思い切って未開の曽根を開拓に!
sDSCN4955.jpgsDSCN4956.jpgsDSCN4957.jpg
反応は素晴らしく、潮もそこまで悪くないが、
食いが悪い。
透明度が異常に良すぎる水温の高い潮。
8㎏、3㎏カンパチとチカメキントキ3枚。

潮が変わるまで粘るも状況変わらず移動。

高さ数十メートルの壁のあるポイント。
一流し目にNagiさんにいい魚、走り続けて最後はブレイク。
残念。やはりNagiさんデカい魚かけますね~

その後は、メダイやハチビキが毎回食ったが本命カンパチは見れず。
日没撤収。

結果:カンパチ3本(16㎏、8㎏、3㎏)、マハタ12㎏、メダイ2-3枚、チカメキントキ3枚、ハチビキ


2016.06.08

予報通り、まだ凪が続く予報。
午前中は燃料、氷積み込み、魚の発送などして、午後から近場へ!
sDSCN4958.jpg

しかし潮が3ノット、しかもかなりきつい二枚潮で、
水深150mほどですが、PE3号、ジグ900gでも底が取れるのは最初の一回だけ。
かなりのタフコンディションですが、序盤に良さそうな魚を食わせます!さすが!

が、残念ながらブレイク。
激しい地形と、激しい二枚潮。
水深の2倍近いラインが出ているので、メインが根に擦った可能性もあります。
難しい!

雰囲気はあるものの、小カンパチが1本食っただけで、良型カンパチからの反応なく移動。


次のポイントでもどんなに重いジグでも着底一回しかわからず、
釣りにならないので大移動。
sDSCN4960.jpg
こっちは潮が緩く、釣りは成立しますが、デカンパチの雰囲気はなく、
良型のバラハタを釣って、これ以上粘る価値なしと判断早めの帰港となりました。
sDSCN4961.jpg
結果:カンパチ3㎏、バラハタ


2016.06.09


朝から出港!
しかし潮が動かず、全く食わない。

予定していたコースを回っても釣果が得られない気がしたので、
了承いただき、思い切って開拓に!


潮は釣りやすい潮、反応も素晴らしい!
最初のヒットはNagiさん、
sDSCN4962.jpg
13㎏ヒレナガカンパチ

水深が浅く、リリースしたいとのことだったので、
ブツ持ち写真なしでリリース。
ありがとうございました!

その後またNagiさんにヒット!
が、今度は全く止まらず残念ながら根ズレ。
おそらく良い型のヒレナガカンパチでした。

やや深いところにホンカンパチを探しに。
反応は盛大でどこまででもあるが、地形の変化も単調でなかなか絞り切れない。

それでも時々良型根魚らしきヒット。

ジグに食ったアカヤガラが凄い力で引きづり込まれ、
間隔の広い円錐歯の歯形が残っていたことも。

次のヒットでは根に入り込まれ膠着状態。
運良く出きたが、リーダーに傷が入っていたようでそこからブレーク。
残念!

カンパチは4㎏前後の小型がポツポツ食うだけ。
潮がかなり遅くなったので大きく移動。
sDSCN4963.jpg
リリースご協力ありがとうございます!

夕まずめ最後のポイント、反応いい!
いいペースで食ってくる♪
sDSCN4966.jpgsDSCN4968.jpgsDSCN4969.jpg
ホンカンパチ10㎏前後も混じり、大型の可能性もあるかと期待したのですが本命は出ず。
sDSCN4970.jpgsDSCN4973.jpgsDSCN4972.jpg

結果:カンパチ9~12本くらい(13㎏1本、他3-10㎏)、アカヤガラ、カツオ、キハダなど


2016.06.10

最終日。
大型の期待の持てるポイント。

が、潮が半端なく悪い。
上潮と底潮がほぼ直角の3ノット近い潮。
風がそこそこあったので、ドテラで流すとほぼ水平近くまでラインがぶっ飛び、
ラインにテンションかけるとあっという間に船の裏側へ。

しかし、こんな潮でもお二人は魚をかけてきたので少し粘る。

潮が少しずつ緩んで釣り安くなってきた頃、てNagiさんにヒット!
sDSCN4975.jpg
10kg弱のホンカンパチ!

ひょっとしたらデカイのも入ってるかも?
sDSCN4976.jpg
Takuさんがヒレナガ4-6㎏くらいをポツポツ釣った後、
待望の大型ヒット!

危なげないファイトで20分ほどで上がってきたのは、
sDSCN4979.jpgsDSCN4981.jpg
sDSCN4987.jpg
28.56㎏カンパチ!さすがです!
おめでとうございます!
sDSCN4990.jpg
その後潮が緩み、変化がなくなると、
5-6㎏までのヒレナガカンパチがポツポツ食うだけ。

少しだけ移動すると今度はぶっ飛び潮に。
しかし反応はいい!

一流し目からTakuさんい明らかにデカいやつがヒット!
sDSCN4992.jpg
が、なんとフックが上下とも伸び、スプリットリングは伸びきってバネのように...
フックも大型に絞って太軸にしてあるのだが、
上下両方のフックがかかって、デカいやつが首降りすると、かなり無理がかかってしまうようです。

惜しかった....


その後は深海やマハタ狙いなどしながら港へ向けるも不発。
長い遠征が終わった。

大型も2本出たし、お二人の釣りのスタイルも勉強になり、
実りの多い遠征でした。

結果:カンパチ10数本(28㎏、7-10㎏4-5本、他5㎏前後)


トカラ海域、ようやくデカいホンカンパチ入って来ました。
しかし、夏の潮になり、水温は高く、かなり激しいぶっ飛び二枚潮になるので攻略難しいです。

自分がハイピッチ中心にジギングで開拓していた頃、
こんな潮ではまず何も釣れなかった。

ジグを重くすれば体力の限界が先にくるし、
ラインを細くすれば食うけど小型がポツポツ程度。

まだ明日丸には、スローピッチの熟練者のお客様は少ないですが、
乗船されたときは、どんなに潮が速くてもコンスタントに魚をかけている気がします。

スローピッチの釣りが少しずつ分かってきた最近、
スローピッチこそ、潮が速くてもラインを太くしたままでも、ジグ重くすれば食わせられる釣りなんじゃないか?
と思うようになった。


今はスローピッチはラインを細く、ハイピッチは太めというセッティングが一般的だが、
実は逆、スローピッチ(下げの釣り)こそラインを太くしても食わせられる釣りで、
逆にハイピッチ(上げの釣り)こそできる限りラインを細くしないと釣れない釣りなのだ。

それを実践していたのが、今回のTakuさん夫婦。
お二人とも始終PE3号、ジグはお二人とも軽くて500g前後、
Takuさんは900gまで使っていました。

潮速くて、地形が激しく、魚が強く、大型もいる。
そんなトカラ海域のジギングにはこのパワースロースタイルが合っていると実感しました。

逆に潮が緩く素直な時にはPE4号以上にヘビージグというスタイルでも、
十分に魚に口を使わせることができるのではないかと思います。

今回は本当に勉強になる釣行でした。
激しい二枚潮でも食わせられれば、開拓ももっと進みそうです。
Takuさん夫妻、ありがとうございました!
2016-06-16 : 釣果ブログ :
Pagetop

2016.06.16 地道に開拓やってます。

2016.06.14

この日は友人に依頼して日帰り遠征開拓!

定番ポイントの周辺、まだあまり走っていないエリアを走り回ってポイント探し。
しかし、潮はぶっ飛び二枚潮、さらに透明度の高い高水温潮。
時々良さそうなポイント見つかるけど、全く食わない.....

潮の緩いエリアへ移動するとやっと小型がポツリポリ...

潮の問題か?ポイントの問題か?

試しに定番ポイントを3回限定で流してみると、
一流しに6-7㎏までが1本ずつ。
sDSCN4993.jpg
魚影の濃い場所でこの程度。
やはり活性の上がらない潮のようだ。

結果:カンパチ6本(6-7㎏2本、他2-5㎏)、ハガツオ、メダイ、ハチビキ2本

今回釣果には繋がらなかったが、
潮が良ければ絶対カンパチ食う!と確信が持てるような地形と反応も見つかった。

最近よく実感するのだが、こういう地道なポイント開拓が後に非常に役立つことが多い。
これからもこの作業は必要を続け、
日本一カンパチポイントを知っている船(笑)目指して頑張ります!
2016-06-20 : 漁・開拓日誌 :
Pagetop

2016.06.25-27 大型カンパチまだいます!

サンスイ畑野さんツアーです!
毎度ありがとうございます!

2016.06.24

この日は大風、風裏でちょこっとGTでもしようかと、
飛行機で到着後、昼前に出港!

の予定が、

なんとGPSが起動せず(汗)

連日の大雨と高い気温で屋久島は毎日サウナ状態。
繊細な機械には過酷だったようです。

翌日の昼前からは波が落ち着く予報、
トカラへ出発予定。本番は翌日。
それまでに何とかしようとこの日は中止。

本当に申し訳ありません...

最悪予備の小型GPSがあるので何とかなるのだが、
使い勝手悪く、正直仕事の効率は少し落ちてしまう。
せっかく楽しみにして下さった遠征釣行、
ベストが尽くせないのは申し訳なしい、自分としても悔しい。


メーカー、販売店など片っ端から連絡取って、
すぐに自分が鹿児島に渡って予備のものを受け取れないか?など、
いろんな可能性を考えて手を尽くしてみるが結局ダメだった。
とりあえず、7月はガイドが続くので新品を発注。

ならばなんとか修理できないか?
家に持ち帰って基盤などチェックし、
汚れた部分を掃除、湿気を乾燥させ、素人ながらにできることをすべてやってみると...

日が傾いたころ、

奇跡の復活!!!!

が、喜んではいられない。

一度電源切ったらまた起動するかどうかわからないし、
突然シャットダウンする可能性もある。

予備のGPSには書き込んでいないポイントの詳細をノートに急いで書き写す。
夜中までやって終わらず、
翌日早朝からまたやって何とかガイドをする可能性のあるエリアはすべてノートに写せた。

これでもしGPSがまたシャットダウンしてもなんとかなる!

今回のこの騒動で反省。
もしGPSがダメになっても、
予備で同じクオリティーのガイドができる体制整えます。
GPSは船の頭脳ですから..


P.S.
壊れたGPSを修理に出しましたのでこれをバックアップに、
発注した新品(性能飛躍的にUPした機種本日中6/30に着)をメインでやっていきます!



2016.06.25

やはり朝はまだ風強い。
午後からは風が落ち着く予報だったので、
まだ風が残る中昼前に出向。

島影抜けるとドッタンバッタン。

結局夕方になるまで風はおさまらず、
さらに上潮もぶっ飛んでいて船速も出ず、時間もなく、
行きたいポイントには行けず。
sDSCN4995.jpg
限られた範囲でのガイド、小型カンパチちょろっと、
キャスティングではGTらしきヒットがあったが残念ながらさよなら~
最後に浅場でジギング、デカいやつに何度か切られ、上がったのはナンヨウカイワリや根魚。

消化不良でトカラへ帰港。

結果:カンパチ4-5本(3㎏前後)、ナンヨウカイワリ2本、ユカタハタ、アオヤガラ、スマ


2016.06.26


朝からベタ凪!!


本命エリアへ!


入れ食いとまでは行かないが、10㎏弱までのヒレナガカンパチがいいペースでヒット。
そしてIさんにズドン!
sDSCN5001.jpgsDSCN5005.jpgsDSCN5008.jpg
カンパチ36㎏
自己記録更新おめでとうございます!!
まだデカイのいますね~
sDSCN5010.jpgsDSCN5009.jpg
それからまた良型交じりでヒレナガカンパチポツポツ。

次はKさんにもズドン!
sDSCN5015.jpgsDSCN5013.jpgsDSCN5012.jpg
カンパチ26㎏!!
こちらも自己記録更新おめでとうございます!

PE2.5号、スロースキップFBのフォールでした。

潮によって上げに良く反応する時間と下げに反応する時間とあります。
状況見て釣り方を合わせていくとヒット率上がりますね。

このクラスになるとカンパチとヒレナガカンパチの見分けが難しい。
カンパチの老成魚は体高が高くなり、尾鰭下葉先端の白色も不明慮になる。
そこで第二背びれの棘条数を数えて同定、二本とも30本以上あったので間違いなくホンカンパです!

この後に潮が止まると反応が全く無くなって大きく移動。
sDSCN5017.jpgsDSCN5018.jpgsDSCN5021.jpgsDSCN5022.jpg
移動したエリアも潮が緩く、ポツポツと3㎏から8㎏までのカンパチが食うのみ。
さらに移動すると潮は速くなったが二枚潮で苦戦。
sDSCN5024.jpgsDSCN5025.jpg
深場でハマダイを2本釣っただけ。

この日は潮が流れた午前中が勝負でした。


結果:カンパチ25本前後(36㎏、26㎏、他3-8㎏)、ハマダイ2本、オオグチハマダイ、メダイ、ハチビキ、アカヤガラ


2016.06.27

この日は飛行機までの午前中短時間勝負。
GTだけに絞って行くが、潮が全く流れず....

ツムブリと小型GTらしきヒット&フックアウトで終了。





トカラ産卵意識した大型ホンカンパチ入ってます!
しばらく楽しみです!
2016-06-29 : 釣果ブログ :
Pagetop
ホーム

カウンター