屋久島の遊漁船、明日丸のページです。

2016.01.27~28 冬のトカラも楽しい! 20kgオーバー!

2016.01.26

シマアジへ!
DSCN4561s5.jpg
激渋なのでさっさと帰って、
翌日から遠征予定のShinさんとぽぽこさんを迎えに。


2016.01.27-28

Shinさんとぽぽこさんでトカラジギング。

1日目

現場に着いて船の流れ方を見て嫌な予感。

やはり逆潮(汗)

黒潮と逆向きの潮。
この潮の時は活性が低いことがほとんど。
やはり渋く、時々小型カンパチやハガツオが食う程度。
DSCN4562s5.jpgDSCN4563s5.jpg

しかし午後になってやっと潮がいつもの向きなって動くとようやく連発!
DSCN4565s5.jpgDSCN4573s5.jpgDSCN4567s5.jpgDSCN4571s5.jpgDSCN4576s5.jpgDSCN4575s5.jpgDSCN4589s5.jpg
しかも6~9kgの良型がメイン♪

ぽぽこさん、このサイズなら余裕で次々とランディング。
女性アングラーでは圧倒的です!
地形の荒いところで明らかにさらにいいサイズが食いましたが、
運悪くベタ底、ブレークでした...

そして、Shinさんにヒットしたのは、明らかにいいサイズ。
巻いては出されを繰り返し、20m近い壁を乗り超え、
DSCN4569s5.jpgDSCN4568s5.jpg
22kg!おめでとうございます!
PE3号での強度を十分に生かしてプレッシャーをかけながらも、
怒らせないやり取り、
獲れたではなく、獲った!という一本でした。

ここは、多くのアングラーが涙を飲んだ地形の荒い場所。
昨年この場所に10回ほど来ていますが、ブレークは軽く10発以上。
なんとかか獲れたのは10kg代が数本。

昨年は、一昨年に比べるとポイント数が何倍にもなり、
釣果もそれに伴うかと期待していたのですが、
残念ながら圧倒的に増えたのはブレークの数でした(泣)
アングラーも、自分も悔しい思いをしたので、
この一本は本当に嬉しかったです!

Shinさん、ジギング歴は数年ですが、
上達スピードが凄い!
理論、技術、体力、道具、全てがお会いするたびにパワーアップしていて、
私も大変勉強になっています。

ランガンしながら探っていき魚の反応が良いところでは連チャン、
いい感じで初日終了しました。

DSCN4574s5.jpg
珍しいアオダイ!

2日目

DSCN4585s5.jpgDSCN4587s5.jpg
この日は午後から風が強くなる予報、
トカラの島から周辺を叩きながら、徐々に屋久島に近づくコース。

アベレージは前日よりは小さいものの、
飽きない程度に食ってくれました。
DSCN4591s5.jpgDSCN4597s5.jpg
一発いいサイズがありましが、とある国産リールのドラグ不調によりブレイク。
悔しい...

そして驚いたのはこれ!
DSCN4594s5.jpg
明日丸マダイ最南端記録。
トカラにもいるんですね~
DSCN4596s5.jpg
印象的だったのは大きな尾びれ。
速い潮流で生きていくためにはこれが必要だったのかも?

屋久島周りに移動、こちらも飽きない程度にアベレージサイズ。
DSCN4592s5.jpgDSCN4593s5.jpgDSCN4599s5.jpgDSCN4600s5.jpgDSCN4601s5.jpg
ちょっといいサイズもありましたがフックアウト。

潮が止まってからは渋くなり、日暮れ納竿。

結果:カンパチ25本くらい(22kg、6~9kg11本、他2.5~5kg)、ハガツオ4本、
   アカヤガラ、アオチビキ2本、マダイ、アオダイ、オアカムロ2本



このシーズンにトカラジギングガイドをしたのは初めてでしたが、
十分に楽しめました。、
これからも冬のトカラの可能性を探って行きます!

3日目

時化で出船中止、朝4時まで酒、酒、酒(笑)
3人でワイン3升、久々に飲みすぎましたが、楽しかった~
2016-02-01 : 釣果ブログ :
Pagetop

2015.02.04  近海もいいサイズいそうです!

2015.02.04

シマアジやらアオリイカ探索など凪の日は近海でいろいろやっているが、
どれもパッとしない毎日。

翌日にガイドあるのでポイント増やそうと久々のジギング近海開拓。
途中で終わっていたエリアの続き。
思ったより風が強くなり、常に舵を握っていなくてはいけない状態。
開拓には向かない条件だが、ちょっと遠出したので我慢。

しかも、潮が全く動かない。
が、ベタ底に反応はあり、ジグに魚が絡んできてはいる。
いつもよりは細軸のフックに、リアも装着。
画像 001s5
画像 002s5
小型カンパ、メダイなどを絡め獲る。

夕方になってようやく潮がほんの少し動く(でも0.5ノットくらい...)
と短い時間だが食いが立ってきた。

翌日にガイドがあるので1本食ったら、次は同じ場所流さずグッとこらえて移動。
開拓中のポイント4箇所まわって毎回ヒット、その後潮が止まって食わなくなった。
画像 003s5
画像 004s5
画像 007s5
獲ったのは7kgまで、さらにいいサイズには根ズレ(恥)

ドラグの閉め忘れと、強風でラインが押し込まれ、舵から手が離せなかったのが敗因。
過去に風が強い日に何度かこれでやられている。
ボトム付近で止まった時にもっと巻けていれば...
止まったのでそんなにデカイ魚じゃない。

良く考えると今まで自分で釣った大型はほぼ全て凪の日。
強風でも獲れる技術を身につけなければ!
まだまだ修行が必要です。


全てホンカンパチ。
群れで入っている可能性がある。
翌日のガイドに期待!

結果:カンパチ4本(3kg、4kg、5kg、7kg)、メダイ3.5kg、ヤマブキハタ3kg(明日丸初!写真忘れ..)
   アカヤガラ2kg2本

画像 005s5
画像 006s5
2016-02-06 : 漁・開拓日誌 :
Pagetop

2015.02.05 エビ君御一行様

2015.02.05

島のジガーエビ君御一行で近海へ!
毎度ありがとうございます!

今回は9時出港、夕方までのコース。
昨日開拓した、カンパチがいそうだったエリアへ!

しかし.....

出てみると思った以上の強風。
なんとか目的エリアまで行けそうではあったが、
お客様から風の影響の少ないところへというリクエスト。
他のエリアは最近不調、厳しい展開になりそうだが、
やってみるしかない!

明日丸ではお客様が釣りが楽しいと感じられない海況では、
無理に行かないようにしています。
釣りはレジャー、楽しくなければいけませんからね。
しかしこれは個人差があります。
逆に安全が確保できる範囲内なら、
要望があれば多少の波風でも行きます。

しかし屋久島、トカラは潮の早い海域。
風がそこまで吹いていなくても潮とぶつかれば大波になります。
風向き、強さの予報、潮向き、早さを考えて判断しますが、
予想がつきにくいときは安全第一の選択をしています。

小カンパチを数本釣ってから、風裏の曽根へ。
思ったより潮が速かったが、活性が上がる潮向きと逆。
反応がない....

逆の潮でも食う数少ないポイントで反応打つも不発。
食ったのはサバフグのみ。

この曽根は捨てて次の曽根へ。
しかしここも同じような潮、同じ攻めで不発。
参った....

ここで一か八かの大移動!

最初のポイントでエビ君が5kg超え。
画像 008s5
うん、こっちがいいかも?
と思ったが、状況はそれほど良くなく、
走り回って2~3kgをかき集める感じ。
時々3~4人同時ヒットなどあるが長く続かない。
画像 010s5
夕方に潮が止まると全くダメ。

結局良型の顔見ずに終了。
またリベンジさせて下さい!
画像 012s5

結果:カンパチ12本(1kg1本、2~3kg9本、3.5kg1本、5.5kg1本)
   アカタマガシラ、サバフグ4-5匹
2016-02-06 : 釣果ブログ :
Pagetop

2016.02.10 アオリイカはまだ

2016.02.10

この日は午後にイカシバを投入する予定。

朝からシマアジ様子見るが、水温上がって厳しそう。
1流しだけして
イカシバを入れるとイカはしばらく禁漁、その前にイカを探ってみた。

朝から昼過ぎまでしゃくり続けて、
2画像 001s5
これ1杯のみ!
→初物なので美味しくいただきました!

まだ早かった....
2画像 003s5
2画像 004s5

今年も沢山イカが来ますように!
2016-02-12 : 漁・開拓日誌 :
Pagetop

2016.02.11  近海もいいサイズいそうです!

2016.02.11

島のジガーMakkyさん御一行で近海ジギングです。
毎度ありがとうございます。
2画像 006s5
前回の感じから朝の潮で食いそうだったので、
朝一から1時間弱走って、前回悪天候で行けなかった最も気配のあるポイントへ!

荒食いしそうな反応!

1流し目から6人全員ヒット!
フックアウトやブレークで2本はさよなら、
2画像 008s52画像 009s5
上がったのは4本で12kg、7kg、5kg、4kgと良型揃い!

さぁ次も!
2画像 011s5
が、これ一本。

次は反応がすでになし。

そしてここからが渋かった...
怒涛のランガンも虚しく、カンパチの反応悪い。
潮も行っているし、反応も悪くないが、なぜかカンパチは小型がポツポツ食うだけ。
2画像 014s5
2画像 015s5
2画像 012s5
美味しい外道も拾いつつ、朝と同じ潮になる夕方を待つ。

夕方、にやっと活性上がり入れ食い!
かなりの小型も混じるが、中には明らかに良型の突っ込みも!
しかし、根ずれとラインクロスで姿見れず。
入れ食いも長くは続かず、帰りがけに小型と遊んで港へ。
2画像 016s5
2画像 017s5
ハンバーガーサイズ、記録かも!?

いいサイズはいるのですが、今回は時合が短く難しい展開になりました。
潮次第では近海も面白くなりそうです!
2画像 018s5
結果:カンパチ15本(12kg、7kg、5kg2本 3~4kg2本 他2.5kg以下)
   マハタ4kg、メダイ6kg、ハガツオ5kg、オオヒメ4-5本、オオクチイシチビキ2本、ゴマサバ多数
   シイラ2-3本



~近況~

海上大荒れで長い休みに入ってます!
使わなくなった釣具やカメラ用品など20以上をオークションに出品して整理、
できた資金でさらに深場を開拓するための心強い味方を手に入れました!
resize0014.jpg
島の小さな釣具屋に数年前からホコリかぶってたのをずっーとマークしてまして、
今日、交渉して安く譲ってもらいました。
これを中深場用にして3000HGに1.5号600m巻いて深海探ります!
2016-02-15 : 釣果ブログ :
Pagetop

2016.02.18  凪ぎ倒れ

2016.02.18

一週間ぶりの凪ぎ。
resize0015.jpg
今回は新しいタックルを積んで、深場探るぞ!
と気合十分で出港。

が、潮が全く動かない....
反応もほぼなし。
探索は線で探りたいのだが、
点の釣りじゃ新規開拓は効率悪すぎ。

2度ほど魚が乗ったが、底を切るためのゴリ巻き中に身切れ。
食いが渋く、口にかかっていないのかも。

潮が動くまでは、浅場開拓に切り替え。
潮は若干動いており(といっても0.5ノット)、
定番ポイントのすぐそばに小さな反応つきの根を発見。
resize0017.jpg
これだけ5kgクラスで、アザハタ1本あとはマイクロカンパチとオオヒメが続けて。
resize0016.jpg
resize0018.jpg
resize0019.jpg
とりあえずポイント増えました!

そろそろ動いてるかな?と再び深場へ。

まずは200mから。
ここから少しずつ深いところ探っていこう!
しかし潮はまだほとんど止まったまま。
反応はベタ底にちょろっと。
resize0020.jpg
まずはハチビキ。
2流し目、ジャーク中にふっと軽くなる...

やられた~!!!



フグに..


ラインを150mロストして、深場タックル昇天(大泣)

深場あきらめてそこから中深場を探るが、
やっぱり潮止まって探索にならん!!

結局また浅場へ。
この潮向きではいつもやらないところへ敢えて入ってみる。
と、いつもより反応盛大!
resize0021.jpg
1流し目に3kgクラス。
resize0022.jpg
あとはマイクロカンパチ2~3本
小型ながらちろょっと収穫あったところでタイムアップ。

ディープ開拓しに行ったのに、結局深場の成果なし(泣)
貴重な凪ぎに凪ぎ倒れ~
resize0024.jpg


後にその周辺で深海漁していた漁師に話し聞くと、
フグだらけで漁にならなかったとのこと。

シマアジも終わり、イカはまだ禁漁。
近場で開拓したい深場はフグだらけで、潮動かず。
さぁ明日は何しよう...

結果:カンパチ7~8本(5.2kg、3.4kg、他マイクロカンパチ→リリース)
   アザハタ、ハチビキ、オオヒメ2匹




2016.02.18

結局潮が行ってそうな近場の浅場開拓。
しかし、昨日の場所より水温が2度も低い。

潮は行っているが二枚潮、反応が乏しく、今日も苦戦しそうな予感。

一番やりたかった所も反応なく、傷口広げる前に午前中で撤収!!!!

イカが解禁になったので次はイカやってみます。!
2016-02-22 : 漁・開拓日誌 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

カウンター